☆植物性モール温泉 北海道十勝川温泉地方(入浴液に配合)

モール温泉は、泥炭を通して湧出するもので独特の黒っぽい湯が特徴。
呼び名のモールは「Moor」のドイツ読みにちなむもので、泥炭のことを意味する。
主成分は植物性腐食質で、鉱物成分より植物成分が多いのが他の温泉との違い。
また、熱源は地熱に加えて、地下での植物の堆積物による発酵熱と考えられており植物由来の温泉といえます。
モール温泉の特徴は、植物起源の有機質を含み、色は飴色をしています。
                    モールとはドイツ語で亜炭のことで、モール泉は鉱物成分より植物成分を多く含みます。
泉質が植物性のため、皮膚への刺激がなく保湿効果も期待できます。
湯につかると肌がツルツルになり、『美人の湯』としても知られています。
希少な地域資源として、北海道十勝川温泉は、北海道より「北海道遺産」として登録されました。